コラム

イーサリアム系(Ethereum)のICOに参加する際の注意点!

投稿日:2017年8月24日 更新日:

こんにちわ!モカで~す。

今日、LATokenのイーサリアム系ICOに送金しようとした時に困った事があったので、メモしておきたいと思います。コントラクトアドレスに送金しようとしてNG!ちょっとビックリしました…。

何事も経験ですね~。

イーサリアム系のICOに参加する為には?

最近、どんどん仮想通貨にハマっているモカですが、コントラクトアドレスとかって全く理解していなくお恥ずかしい限りでした。でも、本気で参加したいICOの時に遭遇しなくて本当に良かったです。

今回は「coincheck」から送金しようとしたら、コントラクトアドレスには送金出来ません!って怒られたところから始まりました。

秘密キーを持っているウォレットを利用しなければならない

イーサリアム系のICOでは送付したウォレットに対してトークンを付与する事になる様で、取引所などの自分が固有の秘密キーを持てない場合、ICOに参加する事が出来ないという事になります。

特に注意しなければならないのが、coincheckなどは送付時にチェックが掛かりコントラクトアドレスには送付できないとしてキャンセルして貰えますが、遅れてしまった場合には取引所などに紐づく秘密キーにトークンが付与されてしまう事になります。

そう、お察しの通りトークンを得る事が出来ないという事に繋がってしまう訳です。

イーサリアム系のICOに参加する際には「Myetherwallet」を利用しましょう

既に知ってるよーって方も居るとは思いますが、「Myetherwallet」では自分の秘密キーを持つ事が出来ますので、こちらを利用しましょう。なので、イーサリアム系のICOへの投資を予定している方は早々に準備をしておくべきだという事になります。

「LAToken」などのICOを例にしますが、どのくらいのETHを投資するかを設定すると、「コントラクトアドレス」それから「データ」が表示される事が多いかと思います。その際に「GAS」も記載があると思いますので、送金する際には必ず指定して送付しましょうね。

その後にトークンが送られてい来る流れになります。

まとめ

「Myetherwallet」の使い方などは記載していないので、Google先生に聞きながら開設、送金などは行って下さい。

何はともあれ、まだ「Myetherwallet」を開設していない人は早々に準備しておいた方が良いですね!

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
mokakun

モカ

2017年の5月頃から仮想通貨を始めました。 億り人になる事を夢にながら、日々、仮想通貨にのめり込んでます(笑) お問い合わせはTwitter、問合せフォームからどうぞ!

-コラム
-

Copyright© モカの仮想通貨で億り人!! , 2018 All Rights Reserved.