仮想通貨銘柄

仮想通貨のXP(ExperoencePoints)ってどんなもの?マスターノードとは?

投稿日:

こんにちわ。モカです。

仮想通貨のXP(ExperoencePoints)ってどんな通貨か気になったので調べてみました。

最近ホワイトペーパーが出て、5,000万枚でマスターノードになれるって事を知ってちょっと面白そうじゃんって思った事がキッカケです。

購入しようか悩んだりもしているうちに価格が上がってしまったので購入しないままですが、せっかく調べてみたので記事にしてみました。

スポンサーリンク

XP(ExperoencePoints)のホワイトペーパーに書かれている事

XPって昔からReinやPOSマイニングで発行上限枚数に制限がなかったりしてジャブジャブなイメージでしたが、どうやら運営側もそのジャブジャブを気にしている様です。

それもその筈で、無制限に通貨を増やしてしまったら売りたい人が増えてしまい通貨の価値がなくなる。最悪は売りたい人は居ても買いたい人が居ないという状況に陥ってしまいますよね。

そんな課題へも取り組んで行こうという姿勢が見える内容となっているし、意外としっかりしている事に驚きました。

XPのマスターノードになる為には5,000万枚が必要

モカも興味を持ったマスターノードについてですが、5,000万枚で現時点で約420万円が必要になります。ついこないだまでは枚辺り0.04円で現在の半分の価格だったので、一気に手が届かないというか買いにくい状況となってしまいました。

気になるマスターノードのマイニングについてですが年利換算で50%の利息が支払われます。5,000万枚の半分なので、単純に2,500万枚が利息として支払われる事になりますね。

尚、5,000万枚以下でもマイニングは可能ですが、期間を長くしたりしないと利息が支払われない(ハズレ)る事がある様です。仮にXPが1円だったとした場合は2,500万円の利息になる為に驚異的な数字ですね。

現在の価格は約1/10程度ですので年間250万弱というところでしょうか。50〜100万くらいで建てれるなら妙味って感じだと思っていましたので今回は見送る事にしましたが、価格が下がる事があれば検討したいと思います。

XPのスーパーノードは10億枚が必要!!

これはちょっとびっくりしたんですが、10億枚でスーパーノードになる事ができ利息は年間200%にもなります。但し、スーパーノードになる際には10億枚をバーン(燃焼)する事になる為に、元を取る為には6ヶ月間が必要になるという事になります。

なんだかレンディングと似ていますね〜。名前は違えど同じ様な考え方だなぁと思ってしまったのはモカだけでしょうか…。(ちょっとビットコネクトで痛い思いをw)

運営側の考え方としては、保有者が一定の含み益に達した場合に一気に市場での売却となるリスクを回避する為の仕組みだと謳っています。その通りだといえばその通りですね。

但し、相当XPを信じている人でないとバーンする事は難しいのでは?とも思います。6ヶ月後に市場がどうなっているのかなんて誰にも解りませんね。

その他にも4つのノードが用意されている

ジオノードやセールスノード、開発用ノード、マザーノードも用意されています。

ジオノードなんかは面白くて、iOSやAndroidのアプリの位置情報を利用して、特定の場所にいる人たちへレインし、その会場にいる人たちがそのレインでドリンクなどを購入する事ができる仕組みだと記載がありました。

これが実装されたらイベント会場などの利用に止まらず、災害時などにも利用できるのではとも思ったりもしました。今後が楽しみが機能ですね。

結び(ホワイトペーパーの風)

実はこのホワイトペーパはノードの事を中心とた構成になっています。というかほぼノードの事しか記載がありません。

とはいえ、今までホワイトペーパーが存在していなかったXPにとっては大きな一歩だと感じました。

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
mokakun

モカ

2017年の5月頃から仮想通貨を始めました。 億り人になる事を夢にながら、日々、仮想通貨にのめり込んでます(笑) お問い合わせはTwitter、問合せフォームからどうぞ!

-仮想通貨銘柄
-,

Copyright© モカの仮想通貨で億り人!! , 2018 All Rights Reserved.