コラム

仮想通貨やアフィリエイトの確定申告ってどうやるの?簡単にまとめてみたよ!

投稿日:

こんにちは。モカです。

仮想通貨の確定申告ってどうやるの?と悩んでいる人も多いかと思いましたので、サクッとまとめてみる事にしました。

あくまでもサクッとですので、取引履歴などの作成方法については他の方のブログなどを参考にして下さい。

ではちゃちゃっと行きますね!

スポンサーリンク

2017年度の確定申告の方法!

今回は会社勤めの方で、既に年末調整を済ませている方が対象です。個人事業主の方は別途、国税庁のホームページなどで確認して下さい。

尚、仮想通貨、アフィリエイトはどちらも雑所得扱いですので、纏めて申告する事になります。また、為替のFXは雑所得ではありませんが、仮想通貨のFXは雑所得扱いですので注意して下さいね。

仮想通貨、アフィリエイトでの確定申告に用意するものリスト!

以下の内容の書類などを準備して下さいね。

事前に年末調整をした事を前提としています。

用意するものはこちら!

  1. 2017年度の源泉徴収票(紙、電子版のどちらでも構いません)
  2. 仮想通貨利益:仮想通貨の損益を取りまとめて2017年度の利益の総額が把握できる物
    ポイント:この際に経費などがあれば勘定科目に纏めた資料を用意する
  3. 広告収入:アフィリエイトの支払い企業別の収入が把握できる物(なければパス)
    参考:アドセンス、アマゾン、A8netなど。支払い元の情報も必要です
    ポイント:この際に経費などがあれば勘定科目に纏めた資料を用意する
  4. ふるさと納税などをした場合には、市区町村などから送られてきた証明書類

確定申告での経費の例!参考用です。

以下、確定申告で認められるであろう経費とその科目についての例です。また、必ず認められる訳ではない為に心配な方は税理士さんに確認すると良いでしょう。

勘定科目 内容
通信費 インターネット代、サーバー代、電話代など
消耗品 10万以下のPC代、インク代、紙など
接待交際費 情報交換の為の会食費など
旅費交通費 電車、バス、タクシー代など
外注費 マイニング、ブログ作成代など
支払手数料 広告収入の振込手数料など

尚、インターネット代などは仮想通貨取引などで利用した割合に応じて計上する必要があります。

国税庁のホームページにアクセス!確定申告の書類を作成しましょう。

国税庁の確定申告書作成コーナーへアクセスします。

e-Tax、書面提出のどちらかを選択します。マイナンバーカード等を持っていなければ書面提出です。


今回は青色申告ではない(事前に申請が必要)事を前提とします。

仮想通貨やアフィリエイトなどで所得がある方は右側を選択します。

紙で提出する方は印刷して提出を選択し生年月日を入力します。青色申告はチェックなしです。

源泉徴収票を元に給与所得を入力しよう!

給与所得を選択します。

お手持ちの源泉徴収票を元に入力します。

雑所得(仮想通貨利益、アフィリエイトなどの広告収入)を入力しよう!

雑所得、その他を選択します。

上記以外(報酬等)を選択します。

仮想通貨や広告収入などの種目を入力します。必要経費がある場合には、事前に科目ごとに取りまとめた金額と入力して下さい。

参考:以下の広告収入はadsenceの収入がある場合

その後、画面を進めていくと納税額が表示されます。

その後、住所などの入力項目がありますので、画面の指示に従い登録すれば書類作成は完了です。

まとめ

納税は国民の義務です。仮想通貨などで利益が出ている方は必ず納税しましょうね!

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
mokakun

モカ

2017年の5月頃から仮想通貨を始めました。 億り人になる事を夢にながら、日々、仮想通貨にのめり込んでます(笑) お問い合わせはTwitter、問合せフォームからどうぞ!

-コラム
-,

Copyright© モカの仮想通貨で億り人!! , 2018 All Rights Reserved.